中倉山登山20191116

ずっと行きたかった日光市の足尾町にある中倉山(1530m)。山頂から隣の沢入山に続く尾根がいいんだよねぇ。そして、この辺りは野生動物の宝庫。せっかくだからと、バックパックには通常入れる雨具やもしもの時のビバークセットやらの他に、あれもこれもと機材を詰め込んだから重い…重い…。急登をヒーヒー言いながら登り、下山途中では力尽きそうになった。やっぱり、自分の体力に合わせて重量を考えないとね。さっ、次はどこの山に登ろうか。

田代島・網地島ロケ。

田代島からちょっとだけ足を伸ばして網地島に行ってみた。気にはなっていたもののなかなか縁がなく、たまたま知り合いになった方のご厚意に甘えて行くことができた。今回一番の目的は「チャトラ軍団」。この子たちのことは後で記事起こしをするのでネタバレしないようにここまで。

そして、もちろん田代島へも。ニャンコを撮りながらも、朝晩は海に出かけ「三石崎」や「学校の浜」でのんびりと。今回の旅はいろいろと収穫があったかな。

田代島 島のえき
田代島 三石崎
田代島 学校の浜

居候のボロ。

7月頃、事務所の庭に突然現れた赤い首輪をした黒猫。そのときは「どこかの飼い猫が遊びに来た」程度にしか思わなかった。そして何回か見かけるようになりまた姿を消した。

そして8月のある日、その子は目はお岩さんのように腫れ、段ボールの切れ端を頭にくっつけ、毛は縮れ、ボロボロになった姿でまた現れた。

なんともみすぼらしい姿で、しかもかなり怯えている。捕獲しようも近寄れない状態。約2週間をかけ餌付けをし、徐々にその距離を縮めていき、9月3日になんとか捕獲。

その足で動物病院へ連れて行き、抗生剤の注射と投薬、翌日には盛りだくさんのノミ・ダニの駆除、クサイクサイ体の洗浄、傷の治療と、とりあえず事務所内に入れることができた。

警察や各所関係機関に「迷い猫」として届け、「拾得物保存期間」の三ヶ月間を事務所で保護をすることに。

とにかく臭い。ノミもダニも満載。そして何より目の怪我。病院で診察、治療をしながらバリカンで体毛を刈り込み洗浄。少しはきれいになったかな。

名前は「ボロ」。ボロボロで現れたからボロ(仮名)。心配していた猫エイズも白血病もなく、ひと安心。後は早く元気になってくれることを祈るばかり。

さぁ、元の飼い主さん、もしくは新しい里親さんが見つかるまでボロの居候生活がスターです。

ひとりごと。

こう毎日暑い日が続くと猫も普通に動いてくれない。そうなるとこの時期は開店休業になる。そんなときはどうしているかって?トレッキングで体力作り。実は来年、富士山に登りたいなとか、南アルプス行きたいなとか登山妄想が膨らんでいるので、ちょっとずつトレーニング。

それなりに山歩きはしていたものの、ちょと本格的にやってみようかと、登山靴とトレッキングポールをそろえてみた。同じ場所にレッドウィングで行ったときと、登山靴で行ったときでは疲れ方が全然違うもんだね。そこにトレッキングポールが加われば鬼に金棒。と言いたいところだが、、、

なんせ、機材が重たい。。。軽く15kgは超える。少し軽量化しないとね。自分も含めて(笑)

この写真は栃木県矢板市の幻の滝と言われる「おしらじの滝」。青みがかった透明度の高い滝壺は見た瞬間「うわっ」と声が漏れる絶景。最近、テレビなどでも放送されたせいか「秘境」と言われながらも凄い人。人が増えれば山は荒れる。いつまでもこの景色は残っていて欲しいな。

田代島ポストカード010

postcard-010

こちらのポストカードは宮城県石巻市にある猫島と言われる田代島限定(民宿マリンライフ、島のえき)で販売しておりましたが、「田代島は遠くて…」という多くのお声をいただき、サイト内でもお求めできるようにいたしました。

オリジナルステッカーと同時にご注文の場合、サイズの関係上、配送は「レターパックライト(360円)」をお選びください。

田代島ポストカード009

postcard-009

こちらのポストカードは宮城県石巻市にある猫島と言われる田代島限定(民宿マリンライフ、島のえき)で販売しておりましたが、「田代島は遠くて…」という多くのお声をいただき、サイト内でもお求めできるようにいたしました。

オリジナルステッカーと同時にご注文の場合、サイズの関係上、配送は「レターパックライト(360円)」をお選びください。