ひとりごと。


NIKON D750+AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G
1/2000s f2.8 ISO4500

「どんなカメラ使ってるんですか?」とか「オススメのメーカーは?」と聞かれることがあるのだけれど、カメラマニアではないので正直ようわからんとです(笑)おそらく趣味でやられている方のがその辺りは詳しいと思うし、俺よりすごい機材をぎょうさん持っていらっしゃる。はっきり言って写真は撮るけれどカメラのスペックには興味がない人間かも。

よく、知らないオジサンに機材を自慢されたり、あげくにレクチャーがはじまったりとか、非常に困る時がある(笑)ふーんそうなんだと聞いてはいるけれどウンチクは苦手なんだよね。あっ俺もオジサンだけれど(笑)

しかし、こんな俺にでも「こだわり」ってのがあって基本のレンズはコレ!と決めているものがある。それは標準レンズと言われる50mm。被写体との程よい距離感と、目の感覚に近いところが好き。人の目に一番近いレンズは35mmとも言われているが、俺の中ではこれが一番近いと思っている。35mmはどうしても歪みが出やすいので実はあまり好きではない。この辺りは好みの問題だと思うけれど。だから、こんな表現をしたいってのがない限り、ほとんどこの50mmで撮っている。レンズ自体も小型なのでレスポンスいいしね。

とは言え、出かける時はこの他にあと3本持って行く。サブ機にはオールラウンドに熟せる24-70mmのズーム。そして背景を広く撮りたい時用に15-35mm、ちと遠いな、近寄りづらいなという時用の70-200mm。俗にいう大三元と言われるもの。これだけあればいざって時に困らないので保険みたいなものだ。

あと、レンズを選ぶときのポイントとして、俺の場合、最短撮影距離を重要視している。ホント近いときには被写体との距離が1m以内の距離で撮る事が多いので、望遠系は別として近くに寄れないレンズは話にならないんだな。なぜ近さにこだわるかって?それは息遣いが感じられ、微妙な表情を収められるから。こう書くとなんかプロっぽいね。と自画自賛(笑)

カメラ本体って「最終的にどうしたいか」で決めていくものだと思っている。高けりゃいいってもんでもないし、自分で何を撮ってそれをどうしたいかを決める事が先決。そう、パソコン選びと一緒でそれからそれにあったものをセレクトすればよし。だからカメラ本体選びとレンズ選びは切り離して考えるのがいいと思う。

あーそうそう、最近24-70mmのレンズを入れ替えたのだけれど、でかくて重たい。本体と合わせると2.3kg。両手が使えれば問題ないが、片手には特製の猫じゃらし。さすがに筋トレを余儀なくされている今日この頃。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA